セブンインベスターズ

株式会社セブンインベスターズは、インターネットを駆使し最適な投資環境を提供することを目的に、2004年にFX事業を開始しました。今後は、システムトレードの重要性が増してくるであろうという観点から、システムトレードの発展に貢献していくことを目指している企業です。

セブンインベスターズが提供している商品において使用できる取引ツールには、以下の4種類があります。日本製の自動売買システムである「Kaburof」、FXCM社が開発した「Trading Station II」、イスラエルのTradency社が開発した「Mirror Trader」、そして世界的に人気のあるロシアのMetaQuotes Software社が開発した「MT4」です。どのツールも自動売買システムとして利用できますが、それぞれタイプが違います。

用意された豊富なストラテジーの中から選択・設定するだけで、自動売買ができるようになるものと、プログラミング言語を駆使して、自分でオリジナルにカスタマイズできるものとに大別できます。例えば、MT4は、充実したチャート機能をもち、MQL4というプログラミング言語を使って、自分独自のテクニカル指標やEAをつくることができるすぐれたソフトです。ネット上に提供されているプロのトレーダーたちがつくったテクニカル指標も利用することができます。非常に優れた機能ですが、プログラミング言語の知識がないと、なかなかそのメリットを享受するのが難しい点がネックとなっていましたが、プログラミングの知識がなくても使えるようにするために、「EAGenerator」というものが用意されています。これを使えば、独自のテクニカル指標もつくれますし、自動売買もおこなうことができるようになります。

システムトレードをおこなう場合、システムが自動で24時間売買取引ができる体制にあっても、自宅のパソコンを24時間稼働させておくことに抵抗を感じる方もおられるでしょう。セブンインベスターズでは、WEB上にあるパソコンを利用する「リモートデスクトップサービス」を提供していますので、24時間自宅のパソコンを稼働させていなくても自動売買が可能です。また、スマートホン等にも対応しているので出先での取引もできます。絶好の売買ポイントを有効に生かすことができます。

セブンインベスターズでは、NDD方式を採用していますから、絶好のタイミングで確実に約定できる体制になっています。47〜56種類の通貨ペアが用意されていて、10000通貨単位からの取引が可能です。取引手数料は無料です。その他、システムトレード初心者向けに少人数制のセミナーを開催したり、様々なレベルのトレーダーに合わせたサービスを提供しています。


>>MT4FX業者の最新人気ランキングはコチラ<<