MT4のインジケーター

FXをおこなう際は、やみくもに取引をしても危険なだけです。多少の勉強も必要となります。より正確に情勢を見極め、絶妙なタイミングで取引をしてこそ、利益も大きくなるというものです。また、取引市場において、過去におきた価格や出来高などの取引実績のパターンを元に、これから先の取引価格の変動を予想し分析することも、大変有効な手段だと言えます。このように分析することを「テクニカル分析」といい、これに用いる指標のことを「テクニカル指標」といいます。

MT4には、利用できるテクニカル指標が50種類ほど、標準で用意されています。代表的はテクニカル指標としては、ある定められた一定期間の中での変動の平均値を計算して全体的な動きを知る「移動平均」や、「RSI」といって、ある一定期間の中で、値上りや値下がりの傾向がどれくらい強かったかを曲線で表わしたものがあり、これは、買われ過ぎであるとか、売り過ぎ状態にあるのかなどを教えてくれるものです。これらを見ながら、手動で発注から決済まで全ておこなうことができます。

MT4に標準装備された50種類ほどのテクニカル指標は、それぞれ計算期間なども自由に設定し変更もできます。また、一つのチャートにいくつかのテクニカル指標を重ねて表示させることも可能です。自分の好みに合わせて線や色も自由に変更することができます。

MT4は、C言語をベースとした「MQL4」というプログラミング言語を使用しています。この言語を用いて、カスタマイズすれば、MT4に標準装備されているテクニカル指標のほかに、独自に決めた規則やラインで売買サインを表示させることができるのです。自分の好みに合った自分が見やすく使いやすいテクニカル指標がつくれるのです。このオリジナルの指標のことをインジケーターといいます。個人個人が独自につくったインジケーターは、それをつくった本人だけにとどまらず、ほかのトレーダーも利用することができます。世界中の投資家たちがつくったインジケーターが、ネット上で配布されていて、その数は数えきれないほどの量にのぼります。それらがすべて利用可能なのです。

ネット上で、自分の好みのインジケーターを見つけ、さらにまたそれに自分なりの改造を加えて、イメージ通りの最適のものをつくりあげていくことができるのは、MT4の最大の魅力だと言えるでしょう。


>>MT4FX業者の最新人気ランキングはコチラ<<